パチンコ店への導入

パチンコ店への導入が進まなかった理由に、自動販売機との兼ね合い(契約)やコーヒーレディー(ワゴンサービス)が主流で、カウンターコーヒーの導入が遅れていったと思われます。

しかし、コンビニエンスでも成功したように、お客様のニーズに合った(手軽に挽きたての美味しいコーヒーが飲みたい)導入をして行く事が厳しい業界を生き抜く一つだと思います。

最近はお客様のコーヒーへのこだわりも大きくなってきており、厳選した豆で美味しいコーヒーを提供していくことが求められています。

カウンターコーヒーの市場

2014年1月15日、総合マーケティングビジネスを手掛ける富士経済は清涼飲料に関する国内市場調査結果を発表した。同調査では、コンビニエンス(以下、CVS)カウンターコーヒーの躍進が顕著だ。 同調査では、CVSカウンターコーヒーの市場規模は、2014年は1,756億円(前年比152.8%)に、そして2015年には1,930億円(同168.0%)になると予測されている。

カウンターコーヒーの先駆けであるセブンイレブンでは、2014年11月末時点で5億杯(前年同期は4億5千万杯)を突破し、今期の販売目標を6億杯から7億杯に上方修正をした。

CVSカウンターコーヒーの全体予想は2016年には23億杯までに拡大することが見込まれています。

オールインワンだから、

     設置してすぐに使えます。

コーヒー

マシン

カウンター

  台

コンディ

メント​

​ゴミ箱

​POP